○桑折町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例

昭和31年10月1日

条例第50号

(目的)

第1条 この条例は、桑折町議会の議員を除く非常勤の特別職の職員(以下「特別職の職員」という。)の報酬及び費用弁償の支給について、必要な事項を定めることを目的とする。

(報酬)

第2条 特別職の職員の報酬は、別表第1のとおりとする。

第3条 報酬は、勤務のつどこれを支給する。ただし、勤務日数が2日以上にわたる場合にあっては、勤務の末日にこれを支給する。

2 報酬が月額で定められている特別職の職員については、就任の日から日割計算により報酬を支給し、退職、失職又は免職等の場合は、その月分の全額を支給する。

3 報酬が年額で定められている特別職の職員については、その職についた月以後の月数を基礎として、月割計算により報酬を支給する。

4 年の中途において任期満了、辞職、死亡によりその職を離れたときは、その月までの月数を基礎として月割計算により報酬を支給する。

5 年額で定めた報酬の支給は、毎年9月及び翌年3月にそれぞれその半額を支給する。ただし、第3項の場合にあっては、その支給期日までの月数を基礎として計算した額とする。

(費用弁償)

第4条 特別職の職員が公務のため旅行したときは、その旅行について費用弁償として旅費を支給する。

2 前項の規定により支給する旅費の額は、別表第1のとおりとする。

3 前項に定めるもののほか、特別職の職員に支給する旅費については、桑折町職員等の旅費に関する条例(昭和41年桑折町条例第28号)の適用を受ける職員に支給する旅費の例による。

4 地方自治法(昭和22年法律第67号)第121条の規定に掲げる委員長等が議長から出席を求められ、本会議又は委員会に出席したときは、日額2,200円の費用弁償を支給する。

(規則への委任)

第5条 この条例の実施に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

1 この条例は、昭和31年9月30日から施行する。

2 桑折町議会の議員等の費用弁償並びにその支給方法に関する条例(昭和30年桑折町条例第14号。以下「旧条例」という。)並びに桑折町教育委員会委員の報酬及び費用弁償額条例(昭和30年桑折町条例第25号。以下「旧条例」という。)は、廃止する。

3 旧条例において報酬が年額又は月額をもって定められていた特別職の職員の報酬については、年額のものにあっては、この条例施行の日の属する月までの月数を基礎として月割計算により得た額を、月割のものにあってはこの条例施行の日前の日数を基礎として、日割計算により得た額を、この条例施行の日から1月以内に支給する。この場合、旧条例において報酬が年額であったものに対しては、10月1日からこの条例を適用する。

附 則(昭和32年条例第3号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和32年4月1日から適用する。

附 則(昭和34年条例第15号)

この条例は、昭和34年4月1日から施行する。

附 則(昭和35年条例第8号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和35年4月1日から適用する。

附 則(昭和36年条例第7号)

この条例は、昭和36年4月1日から施行する。

附 則(昭和36年条例第25号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和36年7月1日から適用する。

附 則(昭和37年条例第3号)

この条例は、昭和37年4月1日から施行する。

附 則(昭和38年条例第13号)

この条例は、昭和38年4月1日から施行する。

附 則(昭和38年条例第31号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和38年4月1日から適用する。

附 則(昭和39年条例第5号)

この条例は、昭和39年4月1日から施行する。

附 則(昭和40年条例第12号)

この条例は、昭和40年4月1日から施行する。

附 則(昭和40年条例第15号)

この条例は、昭和40年7月1日から施行する。

附 則(昭和41年条例第5号)

この条例は、昭和41年4月1日から施行する。

附 則(昭和41年条例第28号)

この条例は、昭和41年10月1日から施行する。

附 則(昭和41年条例第36号)

この条例は、昭和41年12月1日から施行する。

附 則(昭和42年条例第6号)

この条例は、昭和42年4月1日から施行する。

附 則(昭和43年条例第4号)

この条例は、昭和43年4月1日から施行する。

附 則(昭和44年条例第6号)

この条例は、昭和44年4月1日から施行する。

附 則(昭和46年条例第2号)

この条例は、昭和46年4月1日から施行する。

附 則(昭和47年条例第2号)

この条例は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和47年条例第23号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和47年9月1日から適用する。

附 則(昭和48年条例第7号)

この条例は、昭和48年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年条例第3号)

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和50年条例第3号)

この条例は、昭和50年4月1日から施行する。

附 則(昭和51年条例第16号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和52年条例第5号)

この条例は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年条例第14号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和53年条例第1号)

この条例は、昭和53年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年条例第2号)

この条例は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和55年条例第16号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年条例第2号)

この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和58年条例第4号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和59年条例第10号)

この条例は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和61年条例第7号)

この条例は、昭和61年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年条例第12号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和62年3月1日から適用する。

附 則(昭和63年条例第8号)

この条例は、昭和63年4月1日から施行する。

附 則(平成元年条例第13号)

この条例は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成2年条例第4号)

この条例は、平成2年4月1日から施行する。

附 則(平成3年条例第8号)

1 この条例は、平成3年4月1日から施行する。

2 改正後の第4条の規定は、平成2年7月1日から適用する。

附 則(平成3年条例第16号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年条例第5号)

この条例は、平成4年4月1日から施行する。

附 則(平成5年条例第5号)

この条例は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成7年条例第10号)

この条例は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成10年条例第9号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年条例第5号)

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成13年条例第19号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成14年条例第3号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成16年条例第3号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年条例第4号)

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年条例第20号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成19年条例第24号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成22年条例第3号)

この条例は、公布の日から施行し、平成21年4月1日から適用する。

附 則(平成25年条例第14号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成25年条例第50号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年条例第11号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

別表第1(第2条、第4条関係)

区分

報酬の額

旅費の額

教育委員会委員

年額 228,000円

桑折町職員等の旅費に関する条例(昭和41年桑折町条例第28号)による旅費相当額

選挙管理委員会委員長

年額 171,000円

選挙管理委員会委員

年額 148,000円

監査委員(識見を有する者のうちから選任されたもの)

年額 262,000円

監査委員(議会の議員のうちから選任されたもの)

年額 205,000円

農業委員会会長

年額 262,000円

農業委員会会長代理

年額 239,000円

農業委員会委員

年額 228,000円

固定資産評価審査委員会委員長

日額 7,200円

固定資産評価審査委員会委員

日額 6,500円

情報公開審査会委員(弁護士)

日額 25,000円

情報公開審査会委員(大学教授)

日額 10,300円

情報公開審査会委員

日額 6,500円

個人情報保護審査会委員(弁護士)

日額 25,000円

個人情報保護審査会委員(大学教授)

日額 10,300円

個人情報保護審査会委員

日額 6,500円

専門委員

日額 6,500円

附属機関の委員

日額 6,500円

選挙長

1回 10,600円

投票管理者

1回 12,600円

期日前投票管理者

1回 11,100円

開票管理者

1回 10,600円

投票立会人

1回 10,700円

期日前投票立会人

1回 9,500円

開票立会人

1回 8,800円

選挙立会人

1回 8,800円

行政連絡員

世帯割(100世帯以下)

年額 1,800円

100世帯を超える世帯

年額 1,050円

均等割

年額 37,000円

学校医

別表第2

学校歯科医

別表第3

幼稚園嘱託教諭

年額 38,000円

学校薬剤師

年額 59,000円

保育所医

年額 43,000円

保育所歯科医

年額 43,000円

保健協力員

年額 12,000円

衛生管理者(医師)

年額 53,000円

社会教育指導員

月額 130,000円

スポーツ推進委員

年額 35,000円

有害鳥獣対策実施隊隊長

年額 30,000円

有害鳥獣対策実施隊副隊長

年額 25,000円

有害鳥獣対策実施隊隊員

年額 20,000円

別表第2(別表第1関係)

学校名

年額報酬

醸芳小学校

109,000円

睦合小学校

72,000円

半田醸芳小学校

86,000円

伊達崎小学校

83,000円

醸芳中学校

125,000円

醸芳幼稚園

51,000円

睦合幼稚園

40,000円

半田醸芳幼稚園

45,000円

伊達崎幼稚園

42,000円

別表第3(別表第1関係)

学校名

年額報酬

醸芳小学校

109,000円

睦合小学校

72,000円

半田醸芳小学校

86,000円

伊達崎小学校

83,000円

醸芳中学校

125,000円

醸芳幼稚園

51,000円

睦合幼稚園

40,000円

半田醸芳幼稚園

45,000円

伊達崎幼稚園

42,000円

桑折町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例

昭和31年10月1日 条例第50号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第5編 給  与/第1章 報酬・費用弁償
沿革情報
昭和31年10月1日 条例第50号
昭和32年3月 条例第3号
昭和33年3月28日 条例
昭和34年3月 条例第15号
昭和35年7月 条例第8号
昭和36年 条例第25号
昭和36年3月31日 条例第7号
昭和37年3月31日 条例第3号
昭和38年3月29日 条例第13号
昭和38年9月25日 条例第31号
昭和39年3月25日 条例第5号
昭和40年3月25日 条例第12号
昭和40年6月28日 条例第15号
昭和41年3月26日 条例第5号
昭和41年9月22日 条例第28号
昭和41年11月25日 条例第36号
昭和42年3月22日 条例第6号
昭和43年3月19日 条例第4号
昭和44年3月22日 条例第6号
昭和46年3月22日 条例第2号
昭和47年3月21日 条例第2号
昭和47年10月1日 条例第23号
昭和48年3月20日 条例第7号
昭和49年3月25日 条例第3号
昭和50年3月24日 条例第3号
昭和51年10月26日 条例第16号
昭和52年3月22日 条例第5号
昭和52年6月24日 条例第14号
昭和53年3月20日 条例第1号
昭和55年3月15日 条例第2号
昭和55年6月17日 条例第16号
昭和57年3月19日 条例第2号
昭和58年6月22日 条例第4号
昭和59年3月23日 条例第10号
昭和61年3月25日 条例第7号
昭和62年3月23日 条例第12号
昭和63年3月25日 条例第8号
平成元年3月20日 条例第13号
平成2年3月28日 条例第4号
平成3年3月29日 条例第8号
平成3年6月25日 条例第16号
平成4年3月27日 条例第5号
平成5年3月26日 条例第5号
平成7年3月24日 条例第10号
平成10年6月19日 条例第9号
平成13年3月19日 条例第5号
平成13年6月20日 条例第19号
平成14年3月20日 条例第3号
平成16年3月12日 条例第3号
平成17年3月14日 条例第4号
平成19年6月27日 条例第20号
平成19年9月12日 条例第24号
平成22年3月23日 条例第3号
平成25年4月1日 条例第14号
平成25年12月16日 条例第50号
平成27年3月9日 条例第11号