○桑折町農業委員会専門部会小委員会規則

昭和62年12月25日

農委規則第14号

(目的)

第1条 この規則は、桑折町農業委員会会議規則(昭和59年桑折町農業委員会規則第1号)第21条の規定に基づき、専門部会及び小委員会の設置並びにこれについての必要な事項を定めることを目的とする。

(専門部会)

第2条 専門部会として次の部会を設けることができる。

(1) 農地専門部会

 農地法(昭和27年法律第229号)その他の法令によりその権限に属させた農地、採草放牧地又は薪炭林(以下「農地等」という。)の利用関係の調整及び自作農の創設維持に関する事項

 土地改良法(昭和24年法律第195号)その他の法令によりその権限に属させた農地等の交換分合及びこれに附随する事項

 農地等の利用関係についてのあっせん及び争議の防止に関する事項

 農地等の交換分合のあっせんその他農地事情の改善に関する事項

(2) 農政専門部会

 農業の振興に関する基本方針の樹立及び実施の推進に関する事項

 農業生産、農業経営及び農民生活に関する調査研究及び啓もう宣伝

 農業経営の合理化及び農民生活の改善に関する事項

 農業及び農民に関する事項についての意見の公表及び他の行政庁への建議に関する事項

 農地等取得資金及び自作農維持資金の融通に関する事項

 農業者年金の業務に関する事項

(委員の定数)

第3条 専門部会の委員の定数は、次のとおりとする。

(1) 農地専門部会 7名

(2) 農政部会 8名

(部会長及び副部会長及び招集)

第4条 各部には各部委員の互選により部会長を置き、各部部会を代表し、部会は部会長がこれを招集する。

2 各部には各部委員の互選により副部会長を置き、部会長に事故あるときはこれを代理する。

(審議事項の制限)

第5条 部会は、桑折町農業委員会(以下「委員会」という。)の議決により、附託された事項についてのみ審議することができる。ただし、委員会においてあらかじめ承認した事項については、この限りでない。

(会長の出席)

第6条 会長は、各部委員会に出席することができる。

(定足数及び表決)

第7条 各部部会の議事は、部会長が議長となり委員の半数以上の出席で成立し、出席者の過半数で決し、可否同数の時は部会長の決するところによる。

(委員会への報告)

第8条 部会長は、部会の経過及び結果を委員会に報告しなければならない。

(小委員会)

第9条 小委員会は、必要がある場合に限り、委員会の議決によりその都度設けることができる。

2 小委員会は、委員会から附託された事件に限り、審議する。

3 前2項のほか、小委員会については、専門部会の例による。

(雑則)

第10条 この規則の施行について必要な事項は、桑折町農業委員会会議規則及び農業委員会等に関する法律(昭和26年法律第88号)によるほか、旅費日当については、桑折町の条例に準ずる。

附 則

この規則は、昭和63年1月1日から施行する。

附 則(平成19年農委規則第1号)

この規則は、平成19年5月10日から施行する。

附 則(平成23年農委規則第2号)

この規則は、平成23年7月20日から施行する。

桑折町農業委員会専門部会小委員会規則

昭和62年12月25日 農業委員会規則第14号

(平成23年7月20日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
昭和62年12月25日 農業委員会規則第14号
平成19年5月10日 農業委員会規則第1号
平成23年7月15日 農業委員会規則第2号