ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 桑折町議会ページ > 12月定例会中、常任委員会を開催しました。【総務文教厚生常任委員会】
桑折町議会ページ

12月定例会中、常任委員会を開催しました。【総務文教厚生常任委員会】

印刷用ページを表示する掲載日:2014年12月25日更新

平成26年第11回定例会(12月定例会)会期中、総務文教厚生常任委員会を開催しました。

◇平成26年12月9日(火曜日)
 協議事項
   付託事件審査
    (1)陳情第11号   『国に対し「東日本大震災の被災者に対する援助のための日本司法支援センターの業務の特
                例に関する法律」の有効期限を延長する立法措置を求める意見書』 の提出を求める陳情

  上記陳情について審査を行った結果、採択と決し、次回委員会で国に提出する意見書案について協議・決定することとしました。


   閉会中の所管事務調査申出事項について
    (1)震災復興下における財政運営について  継続
       調査を行う理由 ⇒ 健全財政を維持するため
    (2)社会教育(体育を含む)施設整備について  継続
       調査を行う理由 ⇒ 社会教育(体育を含む)分野における震災復興を図るため
    (3)高齢者福祉の充実について  継続
       調査を行う理由 ⇒ 高齢者福祉の充実のため

   上記事項について、議会閉会後の期間も調査することを決定し、議会本会議において申出のとおり調査することが認められました。


◇平成26年12月11日(木曜日)
 協議事項
   付託事件審査
    (1) 「東日本大震災の被災者に対する援助のための日本司法支援センターの業務の特例に関する法律」の有効
       期限を延長する立法措置を求める意見書(案)について

   委員長が意見書案を提示し、その内容について協議し、決定しました。意見書案は、15日(月曜日)の本会議において審議・採決が行われ、原案のとおり可決されました。

     「東日本大震災の被災者に対する援助のための日本司法支援センターの業務の特例に関する法律」の有効期限 [PDFファイル/107KB]