ページの先頭です。 メニューへ メニューを飛ばして本文へ
桑折町観光ガイド > 法円寺の田植塚

法円寺の田植塚

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月26日更新
街道と梁川新道通りの交差点がある一帯が北町。その西側の町並みの奥にある法円寺には、1689(元禄2)に当地を通った奥の細道行脚の芭蕉が詠んだ「風流の初めや奥の田植唄」の真蹟が埋められたという「田植塚」があります。芭蕉を慕う桑折の俳人・佐藤馬耳(ばみ)が享保4年(1719)に、その霊魂を祀り「芭蕉翁」と刻んだ碑を建てたもの。馬耳は本陣をつとめた佐藤佐五左衛門宗明(襲名して第4代新右衛門)の俳号。芭蕉門下の中心的存在だったといわれ、仙台藩主伊達吉村とも交遊があった文化人です。
法円寺の写真
田植塚の写真