ページの先頭です。 メニューへ メニューを飛ばして本文へ
桑折町観光ガイド > 無能寺とみかげの松

無能寺とみかげの松

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月26日更新
良然による創建当初(1596)は大光山正徳寺と称したが、江戸中期に高僧として名高い無能(1683~1719)が現れ、その弟子不能や師の徳をあがめて寺号を改めて再興した寺。以後、厳しい戒律を守って生活する律院として発展、浄土宗奥州地方教化の中心寺院となったといわれています。
境内にある「御蔭廼松(みかげのまつ)」は明治天皇が東北巡幸のときに命名された老松。推定樹齢450年、樹高6メートル、根回り5メートル、枝張り16メートル。
無能寺とみかげの松の写真1
無能寺とみかげの松の写真2