ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地震に備えて

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月1日更新

避難所にたどり着いても、救援体制が整い、救助物資が届くまでに約3日かかるといわれています。その間、自力で切り抜けるためには、日ごろの心がけと万全の準備が大切です。
担当:総務課自治防災係(電話 024-582-2111) 

  • 衣類
    下着類・靴下・手袋・帽子・セーター・ヤッケ・ひざかけなど
  • 洗面道具
    石けん・歯磨き用具・タオルなど
  • 医薬品類
    消毒薬・鎮痛剤・軟膏・整腸剤・常用薬剤・ガーゼ・包帯・脱脂綿・絆創膏など
  • 雨具類
    携帯傘・レインコートなど
  • 小物道具類
    敷物・懐中電灯・携帯ラジオ・缶切り・ひも・ロープ・粘着テープ・ 大小ビニール袋・シーツ・生理用品・メモ用具など
  • 赤ちゃん用品
  • 水、食糧品(缶詰やカップ麺などの保存食品)

※非常持ち出し袋は、リュックサックなどの背負えるものを使用し、すぐに取り出しやすい所に置いておきましょう。

避難10のポイント

大地震が起こってもあわてて逃げ出さず、周囲の状況を見て冷静に判断を。避難は、町や消防、警察の指示に従ってください。

  1. 避難の前に火元・電気の確認を
  2. 防災ずきんやヘルメットで頭を保護して
  3. 服装は長そで、長ズボン、丈夫な靴で
  4. 荷物は最小限に
  5. 避難は徒歩で。車やオートバイは厳禁
  6. 外出中の家族のために避難場所をメモ
  7. ご近所同士協力しあって、避難場所へ
  8. 子どもやお年寄りの手は、しっかり握って行動を
  9. うわさ話はデマの元
  10. 避難場所への移動は、塀ぎわ、狭い道を避けて