ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 「文化財防火デー」防火訓練が実施されました

「文化財防火デー」防火訓練が実施されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年1月25日更新

町のシンボルを火災から守れ!

「文化財防火デー」防火訓練

 平成27年1月24日、国指定重要文化財「旧伊達郡役所」で、防火訓練が行われました。
 桑折町消防団や伊達地方消防組合中央消防署西分署、桑折町女性防火クラブ、近隣町内会などから約150名が参加。
 旧伊達郡役所の2階から出火したことを想定し、通報・避難誘導・敷地内設置の放水銃とポンプ車を使った町消防団第2分団による一斉放水、伊達地方消防組合によるはしご車からの放水が行われました。
 その後、体験訓練として、伊達地方消防組合による起震車体験と消火器操作訓練が行われ、多くの方が普段できない貴重な体験をしました。

★放水訓練の様子★

避難の様子  放水訓練の様子1  放水訓練の様子1.5  放水訓練の様子2  

動画でも訓練の様子をご覧になれます↓

1/25「文化財防火デー」防火訓練動画 [その他のファイル/44.62MB]

★起震車体験・消火器操作訓練の様子★

起震車  起震車体験    消火器操作訓練の様子2  消火器操作訓練の様子