ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 夏の交通事故防止「みやぎ・ふくしま県境キャンペーン」が行われました

夏の交通事故防止「みやぎ・ふくしま県境キャンペーン」が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月22日更新

夏の交通事故防止「みやぎ・ふくしま県境キャンペーン」

 7月20日に宮城県白石市国道4号線斎川パーキングにおいて、夏の交通事故防止「みやぎ・ふくしま県境キャンペーン」が行われました。
 夏の交通事故防止活動の一環として、毎年、会場を交互にして行われており、今回も桑折町、国見町、白石市から多くの交通安全関係団体が参加しました。
 このキャンペーンは、平成13年に福島県と宮城県の県境で大学生3名が亡くなった悲惨な交通死亡事故を契機に行われています。
 今回も、国道4号線を利用する乗用車に向けて、3つの市町が一体となって、交通事故、そして交通死亡事故が起こらないことを願い、啓発活動を行いました。

キャンペーンの様子

様子1

2名のスマイルピーチが参加し、キャンペーンに花を添えました。

様子2

~啓発活動の様子~

様子3 

様子4

様子6

様子7

~白石の甲冑工房「片倉塾」の皆さん~

様子10

~白バイのお姉さん2名とスマイルピーチ~

様子9