ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 桑折町消防団へ総務大臣感謝状

桑折町消防団へ総務大臣感謝状

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月22日更新

桑折町消防団へ総務大臣感謝状

消防団員増加で地域防災力の向上に貢献

 12月20日、法曹会館(東京都)で、消防団員を相当数増加させることで地域防災力の向上に大きく貢献した消防団などに贈られる「総務大臣感謝状」贈呈式が行われ、高市早苗総務大臣より、桑折町消防団に感謝状が贈呈されました。

 式には、佐藤富博団長が出席し、消防団員の確保に貢献した消防団(機能別消防隊の発足)として、受賞しました。桑折町消防団では、平成26年の受賞(女性消防隊の発足など)に続き、2度目の受賞となりました。

 翌21日、佐藤富博団長と津田次男副団長は、高橋町長と伊達地方消防組合岡崎消防長に感謝状受賞の報告を行い、高橋町長は、「町民から、頼りになる消防団体制が出来つつある。今後も消防団の発展・充実のため、町としても協力していきたい。」とお祝いの言葉を述べました。

 桑折町消防団は、団員確保のため、女性消防隊の発足や機能別消防隊の発足、役場職員の消防団加入促進、桑折在勤者の消防団入団可能などの活動を行い、一時は、333名であった団員数が、平成28年4月1日現在384名まで増加しました。定数390名に対し、ほぼ100%となりましたが、今後も、団員の加入促進活動や、火災・災害時に迅速、安全に活動できる体制づくりに取り組んでいきます。

総務大臣との記念写真 高市総務大臣らとの記念撮影

町長へ報告 高橋町長に受賞報告を行いました

消防長への報告 伊達地方消防組合岡崎消防長に受賞報告を行いました