ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 【交通安全】PM4ライトオン運動

【交通安全】PM4ライトオン運動

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月1日更新

【交通安全】PM4ライトオン運動期間中です!

早めに点灯!こまめに切り替え!

 例年、秋口から冬季にかけては、日没時間が早まるため交通事故が増加し、特に午後4時から午後7時の時間帯は、横断歩行者や自転車利用者などが被害者となる重大事故が多発する傾向にあります。

 また、日没前後は、下校、買い物、退社などにより道路交通が錯綜する時間帯であることに加え、視認性の低下やドライバーの集中力が低下しがちです。

 このような状況下で車両を安全に運転するためには、自車の存在をいち早く周囲に知らせるほか、交通の危険を早期に発見して回避することが重要となります。

 このため、これからの時期の交通事故防止対策として、ドライバーは「午後4時を目安としたライトの早め点灯」及び「ライトの上向き・下向きのこまめな切替え」といったPM4ライトオン運動を実践し、交通事故を防止しましょう。

【実施期間】

 平成29年11月1日(水曜日)から平成30年2月28日(水曜日)まで

【3つの重点】

 1 午後4時を目安に早めにライトを点灯しましょう!

   ライトを早めに点灯し、自分の存在を周囲の車両や歩行者などに知らせるとともに、午後4時から午後7時にかけて交通事故が多発する時間帯であることを理解しましょう。

 2 ライトのこまめな上下切替えをしましょう!

   車のライトは、対向車や前方走行車両がないときなどは、「上向き」(ハイビーム)が原則です。

 3 歩行者などは、反射材用品、懐中電灯などの活用をしましょう! 

   歩行者などは、反射材用品、懐中電灯などを活用し、交通事故に遭わないよう注意しましょう。

PM4ライトオン運動チラシ [PDFファイル/1.58MB]