ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 【重要】弾道ミサイル発射時の行動について

【重要】弾道ミサイル発射時の行動について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月7日更新

弾道ミサイル発射時の行動について

 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合には、政府は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用し、緊急情報を伝達します。Jアラートを使用すると、携帯電話のエリアメール・緊急速報メールが配信されます。

 弾道ミサイルが発射され、落下のおそれがある場合は、直ぐに以下の行動をとってください。

 <屋内にいる場合>

 できるだけ窓から離れるか、窓のない部屋に移動し、頭部を守る。

 <車に乗っている場合>

 車を安全な場所に止め、近くの建物に避難する(または、車内で姿勢を低くする)。

 <屋外にいる場合>

 すみやかに近くの建物(頑丈)に避難する。

 <屋外にいて、近くに建物がない場合>

 物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

詳しくは、弾道ミサイル発射時の行動 [PDFファイル/462KB] をご確認ください。

また、内閣官房 国民保護ポータルサイトhttp://www.kokuminhogo.go.jp/ もご確認ください。