ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 2016東北歴史まちづくりサミット in 白河

2016東北歴史まちづくりサミット in 白河

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月14日更新

2016東北歴史まちづくりサミットin白河に参加

白河市にオープンした「コミネス」で行われた東北歴史まちづくりサミットに、町長がパネリストとして参加してきました。

東北地方には、歴史的風致維持向上計画認定都市が7つ(弘前市、白河市、多賀城市、鶴岡市、国見町、磐梯町、桑折町)あります。

桑折町は東北地方で7番目、全国では52番目に認定を受けました。

平成26年に第1回目のサミットが弘前市で行われ、今回は2回目の開催となります。このサミットでは、東北地方の7つの市町村長が一堂に会し、各自の歴史まちづくりやこれからの観光振興に関して活発な意見交換を行いました。

桑折町では、「桑折町歴史的風致維持向上計画」に基づき、桑折西山城跡の整備や旧伊達郡役所周辺の整備など、歴史を活かしたまちづくりに取り組んでいくというお話をしました。

東北歴まちサミット1
東北歴まちサミット2