ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 環境対策課 > 桑折町の温暖化対策

桑折町の温暖化対策

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年7月12日更新

 桑折町役場では、平成19年度から地球温暖化対策として、「桑折町役場地球温暖化対策実行計画」を策定し、二酸化炭素(CO2)の排出量削減に取り組んでいます。

 この度、第1期(平成19年度~平成23年度)の取組み結果がまとまりましたので、お知らせします。

第1期目の取組み結果

 役場におけるCO2 削減、京都議定書を達成する水準に!あなたも省エネに取組みませんか

 町の当初目標を達成 

  第1期5年間の年間CO2排出量は平均1745t/年となり、基準年(平成17年度)の2152t/年と比べて-18.9%となりました。これは、町の当初の目標である5年間で-8.0%の2倍以上の削減率となっています。

    削減したCO2は毎年約407t、5年間で2,037tとなります。これは874軒分の一般家庭の年間消費電力を節約した場合のCO2削減量に相当します。

<表:第1期5年間のエネルギー使用量とCO2排出量>

単位

基準年(平成17年度)

平成19年度

平成20年度

平成21年度

平成22年度

平成23年度

平均

使用量

ガソリン

19,282

17,333

15,772

17,654

22,042

18,147

灯 油

143,307

126,189

119,452

126,491

131,090

136,141

軽 油

11,009

9,537

9,305

10,166

14,406

9,585

A重油

76,150

80,700

70,600

63,950

55,970

57,500

LPガス

2,666

2,790

2,647

2,709

2,831

2,562

電 気

kwh

2,701,387

2,265,238

2,131,468

2,083,531

2,197,161

1,790,406

CO2排出量

2152.6

2,152.6

1,872.7

1,749.2

1,729.1

1,804.0

1,572

削減率(前年度比)

-13.0%

-6.6%

-1.1%

4.3%

-12.9%

削減率(基準年比)

-18.7%

-19.7%

-16.2%

-27.0%

-18.9%

 

京都議定書の目標も達成可能な水準です

  京都議定書では、平成20年~平成24年の平均で日本全体での温室効果ガスを平成2年比-6.0%とする目標になっています。役場における5年間のCO2削減量を平成2年比に換算すると、-13.1%となり、平成24年もこれまで通りの削減を続ければ、京都議定書の削減目標も達成できることになります。

前年比削減率は減少傾向

  当初目標を達成して以降は、前年比-1.6%を新たな目標に削減を継続してきましたが、前年比の削減率は年々減少傾向にあります。最近では、平成21年度は前年比―1.1%、平成22年度は前年比+4.3%(震災対応分を含む)と、目標を達成できない年もありました。5年間全体としては、大きな削減に成功していますが、今後の削減継続の難しさもうかがわれます。

    なお、平成23年度の電気使用量の大幅減少は、震災により町民体育館などの施設が使用できなくなったこと、学校施設に太陽光発電を導入したことも要因となっています。

 

使用料金の削減にも

 CO2削減の取り組みは、使用料金の削減にもつながります。基準年(平成17年)と比べて料金は大きく減少し、5年間で約7,000万円の節減となりました。

    第1期の取組期間は燃料等が高騰した時期に重なったため、使用料金の実際の支払額は取組期間5年間で横ばいにはなりましたが、使用量を削減しなかった場合に比べ、大幅な経費削減となりました。

 

取組みの具体例

 役場における削減の取組み事例は、昼休みの時間帯の消灯、裏紙使用の徹底、不要な照明の消灯など、職員の心掛けによるものが中心です。基本的な省エネ方法ですが、日常的に実行する事により、着々と温暖化対策を進めていくことは重要です。

 

今後も第2期の取組みを続けます

 第2期の温暖化対策を始めます

 町役場では平成23年度末に第2期の温暖化対策実行計画(H24~H28)を策定し、更に5年間CO2削減に取り組むこととしました。

  第2期目は、削減対象施設を実質的に拡大し、役場の所有するすべての土地・施設を対象とします。取組の結果は、これまで通り広報やホームページで順次公表していく予定です。皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

皆様も家庭・職場での取組を!

  CO2などの温室効果ガスの削減推進には、機器の買替えという方法もありますが、一人一人の心掛けによる省エネが一番手軽で重要な方法です。実際、桑折町役場でも、職員の意識向上を中心にCO2削減を進め、一定の効果を上げることができました。

    また、昨年の電力不足以来、家庭等での節電は発電所での発電と同様な意義があるという認識も広がって来ています。

    温室効果ガスの削減は、世界全体・日本全体で進めていくものです。省エネ・節電に対する皆様の積極的な参加をよろしくお願いします。

PDFファイルを利用する際は、Adobe Reader が必要となります。 お持ちでないかたは、Adobe社のホームページ(新しいウィンドウで表示)よりダウンロードできます