ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

出生届

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月1日更新

戸籍は一生のうちに起こる身分上の異動を記録するもので、日本国民であることを証明する公文書です。戸籍の記載は届出によって行われます。婚姻などによって記載の内容に変更や異動があったときは、所定の届出期間内に必要書類を準備し、本籍地または所在地の市区町村へ届け出てください。

届出期間

生まれた日から14日以内(14日目が休日の場合はその翌日まで)

届出地

本籍地、所在地または出生地の市区町村

届出人

  1. 生まれた子の父母
  2. 法定代理人
  3. 同居者
  4. 医師
  5. 助産師
  6. その他の立会者
  7. 公設所の長

届出に必要なもの

届書

出生届書1通

添付書類

出生証明書(届書についているものを医師または助産師に記名、押印または署名してもらう)

持参するもの

母子健康手帳、届出人の印鑑・健康保険証

注意

名前は常用漢字・人名用漢字・カタカナ・ひらがなの範囲