ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務住民課 > 自宅を取り壊したのに税金が上がったのはなぜですか?取り壊した建物の分、税金が下がるものと思ったのですが・・・。

自宅を取り壊したのに税金が上がったのはなぜですか?取り壊した建物の分、税金が下がるものと思ったのですが・・・。

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年7月1日更新

住宅用地の特例が解除されたことにより、土地の固定資産税が上がったものではないかと思います。

宅地の場合は、住むための住宅を建てた 土地に関しては「住宅用地の特例」「小規模住宅用地の特例」といった制度により、課税標準額に1/3または1/6の特例が適用されているのです。これが住宅を取り壊した事により解除され、土地の税額は上がってしまう場合があるのです。