ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 税務住民課 > 家屋などを新築した場合や取り壊した場合は忘れずに届け出を

家屋などを新築した場合や取り壊した場合は忘れずに届け出を

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月26日更新

『家屋などを新築した場合や取り壊した場合は忘れずに届け出を』

取り壊した場合

平成27年中に、建て替えや老朽化などにより、家屋(物置・車庫などを含む)を取り壊した時は、家屋滅失(撤去)届出書を税務住民課まで提出願います。
届出書の提出がないと平成28年度以降も固定資産税が課税されます。

新築・改築・増築した場合

平成27年中に家屋(物置・車庫などを含む)の新築・改築・増築をした場合は、平成28年度の固定資産税の課税対象になります。
家屋が完成した際には、税務住民課まで連絡願います。