ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

桑折町史各巻内容(1)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月1日更新

第1巻 通史編(1)「原始・古代・中世・近世(1)」

発刊年月日 2002年9月27日
桑折町の歴史の集大成前編。まほろばの時代から、伊達氏の活躍、代官陣屋が置かれ、宿場、鉱業、蚕糸業の中心として栄えた江戸時代まで。付録に江戸時代前期の西山城跡と桑折宿を描いた「奥州桑折之図」つき。

第2巻 通史編(2)「近世(2)・近代・現代」

発刊年月日 2005年3月31日
桑折町の歴史の集大成後編。幕末の動乱期から、明治・大正・昭和と激動の時代を進む郷土の歴史。宗教や文芸など、江戸時代の文化も詳しく紹介。

第3巻 各論編「民俗・旧町村沿革」

発刊年月日 1989年3月31日
「民俗」では、養蚕地帯や宿場町、鉱山町として栄えた桑折町に伝わる独特の風俗・民話などを紹介。「旧町村沿革」では、合併前の桑折・睦合・伊達崎・半田の各町村の歴史と文化をわかりやすく紹介。

第4巻 資料編1「考古資料・文化史料」

発刊年月日 1998年9月30日
「考古資料」では、鎌倉永福寺同様瓦を出土した下万正寺遺跡など、これまでの町内の発掘調査成果を網羅。城館跡は大半を地籍図つきで収録。「文化史料」では、文芸・宗教・庶民文化の資料を収録。