ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > まちづくり推進課 > 味の素(株)の西井社長が来町しました

味の素(株)の西井社長が来町しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月22日更新

味の素(株)の西井社長が来町しました

 味の素(株)の西井社長が、平成28年7月21日、桑折駅前応急仮設住宅で行う味の素グループの震災復興応援プロジェクト「ふれあい赤いエプロンプロジェクト」に参加するため来町し、高橋町長と懇談しました。
町長対応1

桑折町をPRしました

 当日は、料理教室が始まる前に忙しい時間を調整してもらい、高橋町長と懇談する時間を設けていただきました。
 その中で、桑折町特産の「献上桃」をPRし、西井社長に試食していただきました。
 また、「ふれあい赤いエプロンプロジェクト」を通じて、震災復興のために引き続きご支援をいただくよう要請しました。
桃の試食
桃を試食していただき、「大変美味しいです」とお褒めの言葉をいただきました。
災害公営住宅の整備状況を説明
現在整備を進めている災害公営住宅の説明を行いました。

ふれあい赤いエプロンプロジェクト

 「ふれあい赤いエプロンプロジェクト」は味の素グループが東日本大震災で被災した地域において、「『食』の力で復興のお手伝いをしたい」との思いから2011年から続けている活動です。
 当日は、桑折駅前応急仮設住宅において、浪江町社会福祉協議会と味の素グループの共催で料理教室が行われました。桑折駅前応急仮設住宅では、今回で3回目の開催になります。
 桑折町社会福祉協議会も協力し、西井社長も参加しながら、参加者と一緒に料理を作りました。
料理教室
スタッフと同じ赤いエプロンに着替え、料理教室に参加する西井社長(写真中央)
料理教室2