ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > まちづくり推進課 > 桑折駅前団地自治会復興交流事業が開催されました

桑折駅前団地自治会復興交流事業が開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月11日更新
平成29年4月7日に桑折駅前団地自治会復興交流事業が浪江町で開催されました。  
  
この事業は、桑折駅前団地自治会の岡部会長が中心となり実施したもので、当日は献上桃のラッピングバスで総勢44名もの桑折町民、浪江町民が参加しました。   
 
平成29年3月31日に一部避難指示が解除された浪江町の状況を実際に見ながら、現在の市街地の状況や今後の復興計画などの説明を聞き、故郷への思いをお互いに深めました。
 

 
1
相馬福島道路(相馬市内)一部共用区間を走行しました。
2
6年を経過した今もなお震災当時のままの中心市街地
3
参加者全員で犠牲になられた方々へ黙祷を行い、浪江町の復興を祈念しました。
4
5
ほぼ完成引き渡し直前で被災となり、利用することができなかった「浪江町スポーツセンター」を見学
6
浪江町役場にて復興計画についての説明を受けました。
7
浪江町長馬場有様より復興に向けたお話をいただきました。
当日は、浪江町議会吉田議長をはじめ、浪江町職員の皆さんにご対応いただきました。
8
浪江町アニメーション「無念」のフランス講演の報告を行った八島さん
8
交流会の企画運営をされた桑折駅前団地自治会長の岡部さん
9
10
桑折町へ一時避難されていた方々も集まり写真撮影を行いました。