ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策推進課 > 相馬福島道路一部 平成32年度末までに開通決定

相馬福島道路一部 平成32年度末までに開通決定

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月7日更新
 115号国道バイパス「相馬福島道路」の国道4号インターチェンジ(仮称)と東北自動車道福島北ジャンクション(仮称)間の2キロは、
平成32年度末までに開通することが6月7日、国土交通省福島河川国道事務所より発表されました。
 この開通目標宣言を受けて、同日役場で記者会見が行われました。
 高橋町長は「多面的な経済活性化が大いに期待できることから、桑折町といたしましても積極的に協力し、1日も早い完成を願うものであります」
とするコメントを発表しました。
記者会見をする高橋町長
報道関係者から質問を受ける高橋町長
報道関係者から質問を受ける高橋町長
 また、このことに関して、6月8日には福島テレビよりインタビューを受けました。
桑折高架橋完成予定地の成田字東向田地内にて、取材が行われ、
高橋町長は「開通が発表されたことは、本町にとって歴史的な出来事である。この千載一遇のチャンスを生かしてまちづくりを進めていきたい」と述べました。
福島テレビよりインタビューを受ける高橋町長