ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策推進課 > 半田醸芳小で音楽鑑賞 オペラ名曲、ピアノ独奏楽しむ

半田醸芳小で音楽鑑賞 オペラ名曲、ピアノ独奏楽しむ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月5日更新
 半田醸芳小学校で6月27日、音楽鑑賞教室が開かれ、ソプラノの福士紗希さんとピアノの大沢悠子さんが出演しました。
2人は澄んだ歌声と巧みな演奏のハーモニーで子どもたちを魅了しました。
 子どもたちに音楽の楽しさを味わい、豊かな心を養ってもらおうと企画され、同校の1~6年生や地域住民が参加しました。
熱心に音楽に聴き入る児童たち
 福士さん(写真右)は武蔵野音大大学院修了で、現在は山村学園短大(埼玉県)などで非常勤講師を務めています。
半田醸芳小 福士校長の娘さんであり、「桑折町の子どもたちに、ぜひ音楽の楽しさを知ってもらいたい」という想いから、今回の音楽鑑賞教室が実現されました。
また、大沢さん(写真左)は同大大学院修了で、現在は聖徳学園高(東京都)などの講師を務めています。
 2人はオペラの名曲やピアノ独奏など全8曲を披露。曲の背景・聴いてほしいポイントなども解説し、音楽の魅力を伝えました。
最後に、児童たちと「ビリーブ」を合唱。体育館いっぱいに美しいハーモニーが響き渡っていました。