ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策推進課 > 第5次行政改革大綱および実施計画を策定しました

第5次行政改革大綱および実施計画を策定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年3月13日更新

第5次行政改革大綱・実施計画

大綱

 国・地方ともに厳しい財政状況が続く中で、より一層自主性や自律性の高い行政運営が求められています。加えて本町においては、喫緊の課題として、東日本大震災と原発事故災害からの復旧・復興を最優先に、全力で取り組んでいる状況にあります。
 そのような状況下で、限られた財源を有効に活用し、期待される行政サービスの提供と様々な課題の着実な実現を図るためには、行政改革を推進していかなければなりません。
 本町では、これまでも数次にわたって取り組んできましたが、さらなる改革を推進していく必要があることから、平成25年1月に「第5次行政改革大綱」を策定しました。
 本大綱は、町行政の最上位計画である「桑折町総合計画(復興こおり創造プラン)」に掲げる施策を効率的・効果的に実現するため、取り組むべき改革の指針として位置付け、計画期間を平成24年度から平成28年度までの5年間としています。

 大綱の詳細については、次のファイルをご覧ください。

実施計画

 「第5次行政改革大綱」に基づいて、より具体的に改革を推進していくため、実施計画を策定しました。

 実施計画の詳細については、次のファイルをご覧ください。

行政改革の推進体制

 行政改革を着実に推進していくため、町長を本部長とし、庁内各部署の長を本部員として構成する「行政改革推進本部会議」を設置しています。この会議の中で、進行管理を徹底するとともに、全庁体制で改革に取り組みます。
 また、学識経験者や公募委員を含む町民代表で組織する「行政改革推進懇談会」を設置し、改革の進みぐあいを報告するとともに、委員からの様々な意見・提言を受け、取り組みへの反映を図ります。

これまでの取り組み経過

  町では、昭和61年度に「桑折町行政改革基本方針(第1次桑折町行政改革大綱)」を策定し、その後数次にわたって大綱の策定・改訂を重ね、行政改革を推進してきました。

◇昭和61年度~  桑折町行政改革基本方針(第1次桑折町行政改革大綱)

◇平成 8年度~  桑折町行政改革大綱(第2次桑折町行政改革大綱)

◇平成10年度~  第2次桑折町行政改革大綱の見直し

◇平成15年度~  第3次桑折町行政改革大綱

◇平成17年度~  桑折町集中改革プラン [PDFファイル/362KB]

◇平成18年度~  第4次桑折町行政改革大綱 [PDFファイル/87KB]実施計画 [PDFファイル/247KB]