ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 政策推進課 > 第1回 こおり若者創生塾開催

第1回 こおり若者創生塾開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月28日更新
 若者の意見やアイデアをまちづくりに反映するため、「こおり若者創生塾」を7/27(木)、役場会議室で開催しました。
 塾は、「町の知名度アップ・賑わいづくり」をテーマに、若者同士の交流を深めながら、アイデア出しのワークショップ、
町内のフィールドワーク等、6回の会合で進めていく企画で、初回は、商工会青年部や若手農業者、大学生、役場の若手職員等、
19名の若者が集まりました。

若者創生塾風景  若者創生塾風景 

若者創生塾風景  若者創生塾風景

若者創生塾風景  若者創生塾風景

 初回は、町のシティプロモーションアドバイザー金子和夫さんを司会進行役に迎え、ワールドカフェ方式で、自由な雰囲気のもと、
グループに分かれて意見を出し合いました。意見の主な内容は、
・桑折の強みは駅があること。駅前にカフェ・居酒屋をつくる(お店を誘致する。)
・空き店舗や古民家を活用して、商店街にカフェや宿泊施設をつくり、ご当地グルメ・スイーツを提供する。
・郡役所の活用、明治風の衣装を貸し出す等、レトロな雰囲気づくり。
・うぶかの郷を、親子で楽しめる施設に改造する。
・インスタグラムなど、SNSを活用した情報発信をする。著名人に宣伝してもらう。
・ユーモアのある広報で、桑折町の話題性を持たせる。などでした。
 次回(8/25)では、今回の内容をふまえ、さらに議論を深める予定です。