ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保健福祉課 > 「糖尿病予防講話」を開催しました。

「糖尿病予防講話」を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月26日更新

糖尿病の重症化を予防する方法について学びました。

 飽食や運動不足などにより全国的に糖尿病が増えています。初期の糖尿病は何の痛みもありませんが、5~7年後に合併症(神経症状、網膜症、腎症など)を引き起こすことが多いので、今からの予防が大切です。

 その予防法を学ぶために、5月25日にやすらぎ園で「糖尿病予防講話」を開催しました。
 講師は、公立藤田総合病院の糖尿病看護認定看護師である小田真由美さんです。
 
 糖尿病は治す病気ではなく、「血糖」「血圧」「脂質」をコントロールする病気であることや、「禁煙」「運動」も大切であることを学びました。
 37人の参加者は熱心に聴講し、「今日から始めようと思うこと=目標」を決めました。

※食生活・食習慣はひとりひとり異なることから、町管理栄養士による「個別栄養相談」を随時受け付けています。
希望される人は、保健福祉課へ電話予約をお願いします。(お気軽にどうぞ!) 
 

 
 
糖尿病1
糖尿病2