ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 保健福祉課 > 糖尿病予防「ふれあいヘルシー教室」を開催しました。

糖尿病予防「ふれあいヘルシー教室」を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月31日更新

健康食をおいしく楽しく実習しました。

 糖尿病の重症化を予防するために、定期的に開催している「ふれあいヘルシー教室」を7月25日やすらぎ園で実施し、18人が参加しました。

 今回は、健康食を食生活改善推進員の協力を得ながら実習しました。メニューは「かじきとモロヘイヤの白カレー」「かぼちゃのヨーグルトサラダ」「桃のシェイク」の三品です。
 カレーは、魚と緑黄色野菜(モロヘイヤ、トマト)、牛乳を加えた少し変わったカレーです。かじきまぐろに含まれるビタミンDやモロヘイヤのビタミンK・マグネシウムが丈夫な骨づくりに役立ちます。
 桃のシェイクは、あらかじめ桃をひとくち大に冷凍し、牛乳、砂糖と共にミキサーにかけます。(桃がたくさんある時期に冷凍しておくと良いでしょう。)

 栄養講話では、季節の食べ物(めん類、とうもろこし、枝豆など)の「適量」について学びました。

 次回は9月に「運動」について学びます。

 

ふれあい1
ふれあい2
ふれあい3
ふれあい4