ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高齢者福祉

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月15日更新

敬老祝金

毎年9月15日現在で町内に住所を有し、下記の年齢に該当する方に対し、敬老祝金および賀寿祝金を贈呈します。

敬老祝金
種別年齢金額
賀寿祝金77歳5,000円
賀寿祝金88歳10,000円
敬老祝金99歳以上20,000円

上記の外、100歳の高齢者に対する祝金の制度もあります。

配食サービス

一人暮らしや高齢者世帯で食生活の改善が必要な人に対し、配食サービスを提供しています。また、安否確認も行います。

緊急通報システム

ひとり暮らし高齢者と緊急連絡先の協力者(親族、近隣、民生委員など)を電気通信機器で結び、緊急の事態に対応できるよう、緊急通報システムを設置し、安否等の確認などをしています。

家族介護用品給付事業

在宅で要介護4または5と認定された町民税非課税世帯に属する高齢者等を介護している家族等に対し、家族介護用品給付券を支給します。月額5,000円限度

高齢者等福祉タクシー利用券給付事業

基準日において満65歳以上のみの人で構成されている世帯で、前年度の町民税が非課税世帯に対し、年額6,000円の利用券を給付します。ただし、交通手段の確保等が困難な世帯に限ります。

生活支援ショートステイ事業

同居する家族が冠婚葬祭等で不在となるため、介護保険対象外の在宅高齢者が一次的に養護を必要とする場合、養護老人ホーム等のショートステイを利用した費用の一部を助成します。

自立支援ホームヘルプサービス

介護保険対象外の日常生活を営むのに支障がある高齢者に対し、自立した生活ができるよう、家事援助等のホームヘルプサービスを提供しています。

生きがいデイサービス

介護保険対象外の閉じこもりがちな高齢者に対し、老人福祉センター「大かや園」を利用し、週1回の生きがいデイサービス事業を提供しています。

家族介護者交流事業

家族介護者の支援のため、介護教室等を開催しながら、介護者のリフレッシュを図っています。

住宅改造資金貸付事業

65歳以上の高齢者と同居する世帯が、高齢者のために居室等の整備をする資金を貸与する県の制度を社会福祉協議会が窓口で実施しています。

生活援助資金貸付事業(桑折町社会福祉協議会の事業)

介護保険を利用し、高額介護サービス費に該当した場合、希望に応じて高額介護サービス費相当分に対する資金の貸付を提供しています。

ひとり暮らし等の高齢者対象事業(桑折町社会福祉協議会の事業)

65歳以上のひとり暮らし高齢者、高齢者のみの世帯等を対象に、健康管理、レクリエーション活動を通して、孤独感の解消・高齢者同士の交流を図る事業を進めています。(シニア活き活きの集い、ふれあい・いきいきサロン等)

軽度生活援助事業(桑折町社会福祉協議会の事業)

在宅のひとり暮らし高齢者が自立した生活が送れるよう、簡易な日常生活(雪かき)を援助するサービスを提供します。

寝具乾燥サービス(桑折町社会福祉協議会の事業)

寝たきり高齢者の布団などの寝具乾燥サービスを年2回実施しています。

低所得者対策について

(1)  社会福祉法人による利用者負担の減免

社会福祉法人の社会的役割に鑑み、介護保険サービスを提供する社会福祉法人が町民税非課税世帯で特に生計が困難である者に対して、利用者負担の1/4を減額する事業を実施しています。

(2)  社会福祉法第2条第3項第10号に規程する生活困窮者に対して、無料または定額な費用で社会福祉法人の介護老人保健施設を利用する事業  

生活保護法で保護を受けている者(10割)または、生計困難者に対し、介護老人保健施設を利用した場合に減免する事業を実施しています。