ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 産業振興課 > 家族経営協定書調印式が執り行われました。

家族経営協定書調印式が執り行われました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月18日更新

家族経営協定書調印式

平成29年1月17日、桑折町役場にて渡邉さんご家族の家族経営協定書への調印式が執り行われました。

家族経営協定とは、経営の方針や家族一人ひとりの役割、休日などの就業条件等を話し合い明確にし、家族一丸となって農業経営に取り組もうというものです。

今回は渡邉英直さんと長男である慎一朗さん、英直さんの奥様であるヨシ子さん、慎一郎さんの奥様の絵里香さんの4人での協定の締結となりました。

伊達農業普及所長、桑折町長、渡邉英直さん、渡邉慎一朗さん、桑折町農業委員会長の写真

協定では一人ひとりの役割分担から今後の経営移譲など複数の項目について協議し、調印式において、これから家族全員で農業経営に取り組むことを桑折町長、県北農林事務所伊達農業普及所長、桑折町農業委員会長に宣言しました。

英直さんの調印の言葉

桑折町の基幹産業である農業を牽引する家族となっていただけるものと思っております。