ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町の産業

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年1月1日更新

1. 本町産業の特色

農業

果樹、水稲、施設園芸の複合経営で、農家経営面積は1戸当たり83aで小規模ながら果 樹は特産品として有名(リンゴの王林は本町原産、桃のあかつきは天皇家献上品)

商業

旧4号国道沿いの1.5kmにも続く商店街が形成されているが、福島市伊達町等の大型小売店進出に圧迫され、低迷が続いている。商工会青年部を中心に活性化を模索中。

工業

町域の南部に57.3haの工業団地を設定し、優良企業の誘致や住宅地に点在する工場等の移転促進をしています。立地条件が良いので、約2,000人の従業員が働いています。

2.産業別人口、生産額等の推移

本町の各産業別就業者数の構成比率は、昭和50年にほぼ1:1:1であったものが昭和60年には1:2:2、平成22年には1:2:4となり、第1次産業の減少と第3次産業の増加が際立っており、都市型産業構造へ移行しつつあることがうかがえます。
特に、過去20年間の推移でみた場合、第1次産業の減少率が約50%にも達しており、後継者の確保等対策が早急に求められています。

就業グラフ

産業指標グラフ 

3.町内のトップ企業

曙ブレーキ福島製造株式会社

自動車用摩擦材のブレーキライニング製造工場として、1971年から操業を開始している。摩擦材として新しいノンアスベストの拡大をはかり、今ではほとんどに使用。本町と姉妹都市提携を結んでいるアメリカ、ケンタッキー州エリザベスタウンには米国生産拠点のアムブレーキがある。

曙ブレーキ福島製造株式会社の写真

  • 住所 福島県伊達郡桑折町大字成田字新宿10
  • 敷地 129,352平方メートル
  • 建物 19,860平方メートル
  • 人員 470名
  • 製造品目
    ・ブレーキライニング
    ・ディスクパッド
    ・産業機械用各種摩擦材

株式会社日立製作所オートモティブシステムズ(株)サスペンション本部

昭和54年9月に自動車用ショックアブソーバの生産拠点として設立。現在では、鋼製家具、建築、事務機器、車両、レジャーなどの広範囲にわたる産業界向け製品なども製造。

株式会社日立製作所オートモティブシステムズ(株)サスペンション本部の写真

  • 住所 福島県伊達郡桑折町大字成田字中丸3番地の2
  • 敷地 136,747平方メートル
  • 建物 31,744平方メートル
  • 人員 682名
  • 主要製品
    ・自動車用ショックアブソーバ
    ・ガス・スプリング
    ・椅子用ガス・スプリング
    ・車高調整用コンプレッサ

フクシマフーズ株式会社

昭和32年に桑折駅前に果実缶詰工場として設立。昭和46年に東洋水産株式会社の子会社となり、昭和52年に現在地に移転する。
現在は主にマルちゃんブランドの即席麺、加工包装米飯などを製造。
平成10年に日本証券業協会(現(株)ジャスダック)に株式を店頭上場している。

フクシマフーズ株式会社のホームページへ(新しくウィンドウが開きます)

フクシマフーズ株式会社の画像

  • 住所 福島県伊達郡桑折町大字成田字二本木10-1
  • 敷地 40,882平方メートル
  • 建物 9,470平方メートル
  • 人員 204名
  • 主要製品
    ・即席麺
    ・米飯
    ・缶飲料
    ・流動食