ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

姉妹都市

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年6月1日更新

姉妹都市の画像

桑折町では、米国ケンタッキー州エリザベスタウン市と姉妹都市提携を結んでおり、提携を結んでから17年間、交流を続けてきました。そんな私たちの交流の歩み、そして姉妹都市エリザベスタウン市をみなさんにご紹介。国際交流のすばらしさにチョットでも興味をもってもらえたらと思います。

調印式からのあゆみ

平成4年(1992)5月15日、姉妹都市として提携。 調印式はエリザベスタウン市で行われました。
植樹しているのは、安細町長とダービン市長。
安細町長とダービン市長の写真

私たち桑折町の派遣団は平成8年5月にエリザベスタウンを訪問。ダービン市長より歓迎のスピーチ。
ダービン市長より歓迎のスピーチの写真

桑折町派遣団とエリザベスタウンの人々の交流のひとこま。平成8年8月訪問時。
桑折町派遣団とエリザベスタウンの人々の交流の写真

平成9年7月にはエリザベスタウンの派遣団が来日。ホームステイなどで、町民と交流を深めました。
エリザベスタウン派遣団歓迎レセプションでの ダービン市長のスピーチ。
エリザベスタウン派遣団歓迎レセプションの写真

この私たち姉妹都市の交流の様子を、その都度にこのページでご紹介していこうと思っています。

The City of Elizabethtown

それでは、本町の姉妹都市、アメリカ・ケンタッキー州エリザベスタウン市についてご紹介!!

バーボンウィスキーの画像
お馴染み!バーボンウィスキー!

エリザベスタウン市はケンタッキー州(米国中央東部、州都フランクフォート)の中心に位置し、州都の南西約100kmの所にある人口約18,167人(1990年国勢調査より)の街です。
この街には第16代大統領リンカーンの生家があり、また街の東部にあるバローズタウンには作曲家フォスターの音楽発祥の地があります。それだけでなく、お馴染みのバーボンウィスキーでも有名です。

エリザベスタウンの名所をちょっとだけ紹介

リンカーンの生家

ここは、あの奴隷解放宣言で有名な米16代大統領エイブラハム・リンカーンの生家。また、フリーマン・レイクパークにはリンカーンの父トーマスによって建てられた家屋も残っています。
リンカーンの生家の写真

ほかにもいろいろ・・・・・

エリザベスタウン市役所の写真
エリザベスタウン市役所

エリザベスタウンセメタリーの写真
エリザベスタウンセメタリー

ブラウン・ピュージーの家の写真
ブラウン・ピュージーの家

フリーマンレイクパークの写真
フリーマンレイクパーク

プリッチャードコミュニティーセンターの写真
プリッチャードコミュニティーセンター

住宅の写真
住宅

ここでは、紹介しきれないほど、たくさんの名所が盛りだくさん!!
エリザベスタウンについてもっと知りたい方は、
エリザベスタウンホームページ(新しいウィンドウが開きます)をご覧ください。

ダービン市長からのメッセージ(日本語に翻訳しています。)

桑折町民のみなさんへ

アメリカ・ケンタッキー州エリザベスタウンからごあいさつ申し上げます。
1992年5月15日の姉妹都市の調印以来、桑折町とエリザベスタウンの関係は美しく花開きました。生徒たちの交流、ホームステイ、そしてお互いの町の訪問は私たちみんなにとって素晴らしい経験となりました。
また来年、桑折町の派遣団のみなさんがエリザベスタウンにいらっしゃるのを楽しみにしています。
こちらに来る機会のない方々は、どうぞ私たちエリザベスタウンのホームページ(新しいウィンドウが開きます)に来て下さい。

エリザベスタウン市長
パトリシア・ダービン

(本文)

Dear Citizens of Koori,

Greetings from Elizabethtown, Kentucky. Since signing from our Sister City Agreement on May 15, 1992, the relationship between our two cities has blossomed into a beautiful flower. The exchanging of students, homestays, and visiting each other has been a wonderful experience for everyone.

We look forward to the delegation visiting Elizabethtown in 1998.

If you are unable to visit Elizabethtown in person, please visit us on our Homepage.

Sincerely,
Patricia V.Durbin
Mayor