ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 姉妹都市交流事業「帰国報告会」を行いました

姉妹都市交流事業「帰国報告会」を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月26日更新

10月23日、イコーゼ!において、姉妹年交流事業 訪問団員帰国報告会を行いました。

団員の感想発表 

9月16日から24日までの9日間の日程で行われた今年の姉妹都市交流事業。
団長(中央公民館長)、以下13名が姉妹都市であるアメリカ合衆国ケンタッキー州エリザベスタウン市を訪れ、現地の人々と交流を深めてきました。

伊藤団長

団長の伊藤中央公民館長より「訪問を通して団員は一回り成長しました」と帰国報告。

引率から

引率の本多政策推進課長より、写真を使って訪問の記録を説明しました。

団員 団員

団員 見守る保護者

続いて、来賓や保護者が見守る中、団員一人ひとりから、感想を発表を行いました。

記念品の贈呈

エリザベスタウン市からいただいた記念の盾や記念品を町長へ手渡す伊藤団長。

町長 帰国報告会

町長から「この経験を将来へ生かし、大きく羽ばたいてほしい」とねぎらいの言葉をいただきました。