1月~3月の展示案内

更新日:2018年12月25日

花鳥礼讃(かちょうらいさん)

花鳥礼讃ポスター
省亭絵

↑渡辺省亭「十二枚花写し」より


主な展示作品のご紹介


● 「紙本金地著色叢竹花鳥図」 (六曲一双屏風) ※県指定重要文化財

桃山時代の金碧障壁画の作風を伝える花鳥図屏風の中でも画題まれな作品。梅、きじ鳩、椿などを配し、群れる篠竹には並々ならぬ作者の画力がうかがえる。作者不詳ながらも県重要文化財に指定されるほどの傑作。

 

● 渡辺省亭 「十二枚花写し」 (十二幅対)

十二枚の掛け軸からなる、月ごとにふさわしい花鳥が描かれた作品。一年を通して四季のうつりかわりを楽しめる。昨年、没後百年を迎えた省亭は、いま再注目を浴びる実力派の画家でもある。

 

● 川端玉章 「花鳥十二ヶ月」 (十二幅対)

こちらも四季折々の花鳥が十二枚の掛け軸に描かれた作品。玉章は洋画の陰影法、遠近法を円山派に取り入れた画家。日本画の技術「付け立て」の指導などにもあたり、のちに画学校も設立。後進の育成に尽力した。

 

● 谷 文晁 「福禄寿三星」 (三幅対)

江戸時代後期に活躍した江戸文人画家の重鎮。三枚の掛け軸からなる本作品は、福=幸福、禄=富、寿=長寿を願い描かれ飾られる吉祥図です。年初めにこのめでたい絵を見たら一年いいことあるかも??

 

● 伊藤龍涯 「武陵桃源図」 (大型掛け軸)

明治~昭和初期の画家。終戦直後、本町の伝来寺に転居歴あり。
横1メートル、高さ1.7メートルにもなる大型のこの掛け軸には、中国の伝奇小説「桃花源記」を題材とした、現実には存在しないいわゆる桃源郷が色鮮やかに描かれている。その圧倒的な迫力と美しさは見るものを魅了する。

 

他にも多数作品を展示しております。

会期

平成31年1月4日(金曜日)~3月24(日曜日)

開館時間

午前9時~午後5時(最終入館は午後4時30分まで)

休館日

  • 毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は火曜日)
  • 祝祭日の翌日、展示替え期間、年末年始

観覧料

一般・大学生:200円、高校生:100円、小学生・中学生:50円

(団体 20名以上で2割引)

同時開催:第2回 美術館に年賀状を送ろう

2019年賀状展ポスター2

種徳美術館あてに届いた年賀状を、

2月28日まで1階ロビーに展示致します。

こちらは見学無料です。

みなさま、お誘いあわせのうえ、ぜひご来館ください♪

所在地・連絡先

〒969-1617

福島県伊達郡桑折町字陣屋12

電話:024-582-5507

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 歴史文化係

〒969-1692
福島県伊達郡桑折町大字上郡字弁慶20-1
電話:024-582-3129(生涯学習課)
ファクス:024-582-3104
メールフォームによるお問い合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。