平成30年度ふくしまふるさとワーキングホリデー受入企業等の募集

更新日:2018年10月09日

県外の大学生等を受け入れ、地域の魅力を伝えてみませんか?

県では、多くの方々に福島の魅力と「ふくしまの今」を知っていただくため、県外に居住する大学生等を一定期間受け入れ、働く場を提供してくださる企業等を募集しています。

ふくしまふるさとワーキングホリデーとは?

  • 県外に居住する大学生等が2~4 週間程度、県内の企業等で働きながら滞在し、地域との交流を通して、福島の暮らしを学び、体験する事業です。
  • 事業を通して、「ふくしまの今」を発信するとともに、交流人口の拡大や、将来的な移住・定住に向けたきっかけをつくることをねらいとしています。
  • これまで県内各地の企業等で計230名以上の参加者を受け入れています。

募集対象

参加者(県外の大学生等)と一定期間労働契約を締結し賃金を支払い、住み込みまたは寮や社宅等に滞在させるなどの受入対応が可能な団体又は個人。

申込期限

平成30年11月7日(水曜日)
※あくまで1次締切となりますので、期限が過ぎた場合でも随時ご相談ください。

受入時期

平成31年1月中旬~3月下旬の間で希望する時期
※原則2~4週間程度で、参加者との調整によります。

その他

  • 労災保険に加入するなど、労働関係法令を遵守願います。
  • 県や町が参加者を対象に企画するイベントを実施するにあたり、勤務日等の調整にご協力願います。
  • 詳しくは、担当までご連絡ください。

県ワーホリPRチラシ(PDF:125.3KB)

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策課 移住定住係

〒969-1692
福島県伊達郡桑折町字東大隅18番地
電話:024-582-2115(総合政策課)
ファクス:024-582-1028
メールフォームによるお問い合わせ