相馬福島道路の早期完成とインターチェンジに『桑折』の名称を求める桑折町民総決起大会が開催されました

更新日:2019年02月01日

  1月29日、桑折町屋内温水プール・多目的スタジオ「イコーゼ!」にて、相馬福島道路の早期完成とインターチェンジに『桑折』の名称を求める桑折町民総決起大会が開催されました。

 総決起大会は行政連絡員連合会の佐藤久仁夫会長をはじめとした有志の方々による発起人会が主催し、高橋町長をはじめ、国土交通省福島河川国道事務所の小浪所長、東日本高速道路株式会社福島管理事務所の鈴木所長を来賓に招き、相馬福島道路および桑折ジャンクションの現在の工事進捗状況をご説明いただきました。

 大会決議では、(仮称)国道4号インターチェンジに『桑折』の名称を求めること等の3項目について要望することが採択され、発起人会佐藤会長と片平顧問から高橋町長に決議書が手渡されました。

決議書取り交わし

決議書を取り交わす高橋町長と佐藤会長、片平顧問

佐藤会長

あいさつをする佐藤会長

 

高橋町長は「昨年末、桑折ジャンクションの名称の正式決定をいただいたことを契機に、インターチェンジへも『桑折』の名称が用いられるよう、また、相馬福島道路の早期完成を求め、引き続き町民の皆さんとともに声を届けてまいりたい。」と挨拶しました。

町では今回の決議書をもとに、今後も国土交通省等の関係機関への要望活動を続けてまいります。

 

あいさつをする高橋町長

今後の要望活動の意気込みを語る高橋町長

みんなで頑張ろう三唱

片平顧問のがんばろう三唱を参加者全員で

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり推進課 土地開発係

〒969-1692
福島県伊達郡桑折町字東大隅18番地
電話:024-582-2124(まちづくり推進課)
ファクス:024-582-1028
メールフォームによるお問い合せ