桑折西山城復元祭を開催しました

更新日:2019年10月15日

 令和元年9月14・15日の二日間にわたり「桑折西山城復元祭」が開催されました。

 戦国時代、東北地方最大の大名伊達氏の本拠地であった桑折西山城。のちに、「独眼竜」伊達政宗につながる歴史的舞台とあり、桑折町民はもちろんのこと、伊達家につながりの深い仙台市や米沢市をはじめ、東京都や京都府など、全国各地から約820人の歴史ファンが集まりました。

歴史トーク

 城郭研究の第一人者「千田嘉博」先生と中世考古学研究の第一人者「飯村均」先生による歴史トーク。

天空で開催される歴史トーク

天空で開催されているかのような歴史トーク

えいえいおー

先生と参加者で記念撮影

戦国茶の湯会

 裏千家安細宗朋社中の皆さんによる野点。

 自然の中での一服は、日本の伝統文化である茶の湯の魅力を伝えます。

野点1
野点2
野点3

甲冑体験

 本物の甲冑を身に着ける体験コーナー。

 甲冑の重さに驚く体験者。その後、武士になりきり、カメラのフラッシュを浴びました。

甲冑体験1
甲冑体験2
甲冑体験3

演奏

 復元祭の開会式前には曙太鼓、夜の本陣「月見の宴」前には桐組祇園囃子が披露されました。

曙太鼓

曙太鼓

桐組祇園囃子

桐組祇園囃子

夜の本陣「月見の宴」

 戦国時代さながらの素焼きの土器「かわらけ」で酒を酌み交わし、満月を愛でながら桑折町の歴史について語り合いました。

月見の宴1
月見の宴2

歴史散歩

 2日目に行われた歴史散歩では、多くの人が県内外から訪れ、横浜市や徳島県などからも参加していました。

 参加者は、現地での千田先生や飯村先生による解説に熱心に聞き入り、桑折西山城の歴史に対する理解を深めていました。

歴史散歩1
歴史散歩2
歴史散歩3
この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課 歴史文化係

〒969-1692
福島県伊達郡桑折町大字上郡字弁慶20-1
電話:024-582-3129(生涯学習課)
ファクス:024-582-3104
メールフォームによるお問い合せ