被災した家屋の解体・撤去を希望する方の相談を受付けます

更新日:2021年03月18日

令和3年2月13日の地震により甚大な被害を受けた家屋等について、災害廃棄物処理事業制度(公費解体・費用償還(自費解体))に基づき、被災された家屋の解体・撤去を町が所有者に代わって行うこと等ができます。事業の活用を希望される場合は、ご相談ください。

相談受付期間

月日

令和3年3月23日(火曜日)から令和3年4月22日(木曜日)まで
※土曜日、日曜日、祝日は除く
※延長の場合あり

時間

午前9時から午後5時まで

場所

桑折町役場2階 生活環境課

※混雑防止のため、事前に必ず電話で受付時間の予約をお願いします。

被災家屋等の解体・撤去の制度

公費解体

 被災家屋等の所有者の申請に基づき、行政が所有者に代わり解体及び撤去するもの。

費用償還

被災家屋等を自らの費用負担により解体・撤去した所有者に対し、算定基準の範囲内で、解体・撤去に要した費用を償還するもの。
※見積書や契約書、領収書並びに工事写真等が必要となりますので、保管願います。

対象となる家屋等

 桑折町に所在する家屋類のうち次に該当し、全部解体する場合が対象となります。

罹災証明で「全壊」「大規模半壊」「中規模半壊」「半壊」(準半壊を除く)の判定を受けた家屋(固定資産台帳に記載されたもの)

倉庫・車庫類、事業所・作業場類を含む 

※ただし、半壊家屋(大規模半壊・中規模半壊を含む)については、下記の要件に該当するものに限ります。
(1)損壊により、他人の財産に損害を生じさせるおそれがあるもの
(2)損壊により、人的・物的被害が生じるおそれがあるもの
 

具体的な例

・道路に倒壊する可能性がある場合
・他人の土地や家屋に倒壊する可能性がある場合

申請様式関係・資料

制度に関する資料や申請様式です。ダウンロードしてお使いください。
申請書類及び資料は、役場生活環境課にも備え付けております。

Q&A

この記事に関するお問い合わせ先

生活環境課 エネルギー環境対策係

〒969-1692
福島県伊達郡桑折町大字谷地字道下22番地7
電話:024-582-2123(生活環境課)
ファクス:024-582-2479
メールフォームによるお問い合せ