【追加給付】令和5年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(電力・ガス・食料品等価格高騰緊急支援給付金)について

更新日:2023年06月08日

本給付金は、電力・ガス・食料品等の価格高騰による負担増を踏まえ、特に家計への影響が大きい住民税非課税世帯を支援する給付金です。

支給対象世帯

基準日(令和5年12月1日)において桑折町に住民票があり、世帯全員が令和5年度住民税非課税である世帯

※住民税が課税されている別世帯の親族等の扶養を受けている場合は対象外です。

給付額

1世帯あたり7万円

受給方法

1.令和5年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(3万円)を受給した世帯

「臨時特別給付金の支給のお知らせ」を送付します。令和5年度住民税非課税世帯等に対する給付金(3万円)と同じ口座へ振り込みますので、特に手続きは必要ありません。口座変更と受給拒否の場合のみ同封の申請書を提出してください。(提出期限:令和6年2月1日)

※世帯の異動があった場合など確認が必要な世帯には2.の確認書を送付します。

 

2.令和5年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(3万円)を受給していない世帯

「臨時特別給付金支給要件確認書」を送付します。対象要件をご確認いただき、給付対象となる場合のみ必要事項を記入の上、提出してください。確認書を受理した日から2~3週間程度で口座に振り込みます。(提出期限:令和6年2月29日)

 

3.未申告の世帯員がいる世帯、令和5年1月2日以降転入の世帯

担当課までお問い合わせください。非課税世帯であることを確認後、申請書を送付しますので必要事項を記入の上、期日までに申請書を提出してください。(提出期限:令和6年2月29日)

注意事項

・給付金の支給後、支給要件に該当しないことが判明した場合は、給付金を返還していただく必要があります。

・住民税非課税を理由に給付金が支給された後に、修正申告により住民税が課税されるようになった場合は給付金を返還していただく必要があります。

・本給付金の世帯は、基準日現在の世帯になります。したがって、基準日翌日以後に同一住所において別世帯とする世帯の分離があった時でも、同一世帯とみなされ、世帯の分離後のいずれかの世帯が給付金を受給した場合は、もう一方の世帯は給付金を受け取ることができません。

【特例措置】住民税非課税世帯への特別給付(3万円)

転出入によっていずれの市区町村でも給付金(3万円)を受けられなかった非課税世帯に対して特例措置を設けます。

■対象世帯

令和5年4月2日以降に桑折町へ転入された世帯のうち、次の全てに該当する世帯

・世帯全員の令和5年度分の住民税均等割が非課税である。

・世帯全員が住民税が課されている他の親族等の扶養を受けていない。

・転入前の市区町村と基準日が異なることによっていずれの市区町村からも給付金

を受給していない。

 

〈桑折町で支給対象となる例〉

転入日:令和5年5月1日

桑折町基準日:令和5年4月1日

転入前の市区町村の基準日:令和5年6月1日

→今まではいずれの市区町村においても住民登録がないため給付対象外であった

※申請書や確認書の提出を忘れていたり、提出しなかった場合は対象外

 

■申請方法

該当する方は下記までお問い合わせください。

支給対象者であることが確認できましたら申請書を郵送します。

申請期限までに提出してください。

 

■申請期限

令和6年2月29日

 

■問い合わせ

健康福祉課 福祉介護係 024-582-1134

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 福祉介護係

〒969-1692
福島県伊達郡桑折町大字谷地字道下22番地7
電話:024-582-1134
ファクス:024-582-1028
​​​​​​​メールフォームによるお問い合せ