憧れだった農業を継ぐために、移住を決意

更新日:2018年06月08日

亀岡 聡さん

 

職 業 : 農業(果樹農家)

移住前居住地 : 東京都

家族構成 : ご夫婦、子ども2人

移住スタイル : 孫ターン

活用したサポート : 青年就農給付金 など

「子どもの頃から見てきた、憧れの叔父の農業を継いでいく。」

移住を決意したきっかけは、農業を営む叔父夫婦に後継ぎがいないと知ったことです。

東京都では飲食業をしていましたが、幼い頃から桑折町の叔父夫婦の家に遊びにくるたび、桃の栽培の様子などを見てきて憧れがありました。自分もこの地で桃の栽培をしたいとの思いもあったので、後継ぎがいないことを知って、叔父の農業を継ぐためにも移住しようと決めました。

「充実した子育て環境。生活にも不便は感じない。」

桑折町の気に入っているところはたくさんあります。半田山などの美しい景色や豊かな自然、温泉にもすぐに行けます。親切な人々が多く、妻にもすぐに友人ができました。

仙台や東京にも近く、交通アクセスにも恵まれています。いろいろなお店もあり、生活に不便は感じません。イベントもいろいろやっていて、都内で開催されるイベントよりもゆったり参加できます。屋内温水プール・多目的スタジオ「イコーゼ!」など、子育て環境や施設も充実しています。

「よい桃を作り続けたい。」

桑折町は、「献上桃の郷」として有名です。

これからは、桃栽培について叔父や地域の方々の指導を受け、上質な桃を作っていきたいです。果樹園も大きくしていきたいです。

「移住を検討中の方へ」

生活していく上で車は必須だと思います。妻は、移住前に東京で車の免許をとったので、とても助かりました。

桑折町は、とてもいい町です。若手就農者も増えていって欲しいので、ぜひ移住してきてください。

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策課 政策推進係

〒969-1692
福島県伊達郡桑折町字東大隅18番地
電話:024-582-2115(総合政策課)
ファクス:024-582-1028
メールフォームによるお問い合せ