「地方創生SDGs推進の町」宣言

更新日:2021年06月15日

「地方創生SDGs推進の町」宣言
 

 SDGs(持続可能な開発目標)は、貧困や人種差別、環境破壊など、地球規模の様々な問題を解決するために、国際連合によって定められた2016年から2030年までの国際目標です。

 持続可能で多様性と包摂性のある社会を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成されており、国際連合に加盟する193か国が地球上の「誰一人として取り残さない」ことを共通理念として取り組んでいます。

 人口減少・超少子高齢社会の到来など、地域の課題が顕著となる中、持続的なまちづくりを実践していくためには、地域全体でSDGsの理念を共有し多様な主体とのパートナーシップにより、新しい価値の創造や恵まれた地域資源の継承、地域経済の活性化等に取り組んでいくことが必要です。

 本町では、次期総合計画策定にあたり、基本計画とSDGsの17の目標との関連性を明確に示し、各施策の推進を図ることでSDGsの達成につなげていきます。

 私たちは、SDGsを原動力とした地方創生を推進し、より良い未来を次世代に引き継いでいけるよう、ここに「地方創生SDGs推進の町」を宣言します。


令和3年6月15日

桑折町長 高橋宣博

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策課 政策推進係

〒969-1692
福島県伊達郡桑折町大字谷地字道下22番地7
電話:024-582-2115(総合政策課)
ファクス:024-582-2479
メールフォームによるお問い合せ