令和3年度 桑折町再生可能エネルギーシステム設備にかかる補助制度について

更新日:2021年09月03日

令和3年度 桑折町再生可能エネルギーシステム設備等設置補助制度について

 桑折町では、「再生可能エネルギー推進の町」をスローガンに、原子力依存からの脱却や地球温暖化防止に寄与できるよう、次の設備を導入する方へのため設備費用の一部を補助いたします。

 補助制度を利用される場合、内容をよくご確認いただき、必要書類をご提出ください。 

 

補助対概要

住宅用太陽光発電システム

1キロワットあたり3万円で、最大4キロワット(上限12万円)

※第7号様式(定期報告書)は決定通知とともに申請者本人に郵送されます。

定置用リチウムイオン蓄電池システム

1キロワットアワーあたり2万円で、最大5キロワットアワー(上限10万円)

バイオマス燃料ストーブ設備

設備本体および当該設備の設置に要する経費の総額に5分の1を乗じて得た額(上限5万円)

 

※住宅用太陽光発電システムについては、電力会社との受給開始が令和2年4月1日から令和4年3月31日までのものとなります。

受付期間

令和3年5月10日(月曜日)~

土曜日、日曜日、祝日を除く、午前8時30分~午後5時15分

※申請は先着順になります。予算額に到達次第、募集期間内でも終了します。

※県にも同様の制度があり、町の補助金と併用が可能です。

 

申請の手続きについて

 所定の様式を、以下からダウンロードいただき、記入のうえ、提出ください。

申請書提出は工事終了後なおかつ受給契約が成立してからになります。

 なお、申請の受付は先着順となっておりますので、予算を超えた時点で申請の受付を終了します。

受付予定件数(※件数はおおよそになります)

  • 住宅用太陽光発電システム 17件
  • 定置用リチウムイオン蓄電池システム 10件
  • バイオマス燃料ストーブ設備 5件

補助制度の概要

補助金交付要綱

添付書類チェックリスト(全機器共通)

各機器ごと書類チェックリスト

様式

平成30年度より納税証明書に代わって、証明願(桑折町住宅用再生可能エネルギーシステム設備等設置費補助申請用)を添付いただくようになりました。この証明書の交付を受ける際には、証明書が必要な方(申請者、建物所有者、共有者がいる場合は全員分)を明確にしたうえで、住所・氏名をぞれぞれ記入いただき、税務住民課にて証明を受けてください。

※所定の手数料がかかります

※同一世帯でない方が証明書の交付に来庁される際は、税証明用の委任状、税証明交付申請書も記入・押印のうえ、持参ください。

【参考】令和3年度 福島県住宅用太陽光発電設備等補助制度について (町補助金と併用可能です)

 福島県では、県内への再生可能エネルギー設備導入及び有効活用を促進するため、県内の住居等に新たに太陽光発電設備を導入する方/太陽光発電設備に新たに蓄電池又はV2Hを設置し専ら自家消費の用に供する方を対象に、福島県住宅用太陽光発電設備等導入支援補助金交付事業取扱要領に基づき、予算の範囲内で補助金を交付するものです。

補助概要

太陽光発電: 1kwあたり4万円で、最大4kw(上限16万円)

蓄電池:1kwhあたり4万円で、最大5kwh(上限20万円)

電気自動車充給電設備(V2H):上限10万円(定額)

補助申請受付期間

 

  • 補助金申請総額が予算額に達した場合、期間内であっても募集を終了します。
  • 詳細は、募集チラシ、ホームページをご覧下さい。

申請・問合せ先

福島県再生可能エネルギー推進センター

電話 024-526-0070 

〒960-8043 福島市中町5-21 福島県消防会館3階

この記事に関するお問い合わせ先

生活環境課 エネルギー環境対策係

〒969-1692
福島県伊達郡桑折町大字谷地字道下22番地7
電話:024-582-2123(生活環境課)
ファクス:024-582-2479
メールフォームによるお問い合せ